動画ジャンルを徹底解説!初心者におすすめする人気の動画ジャンルとは?

スポンサーリンク

こんにちは、しょみんです。
皆さん、動画投稿楽しんでますか?

動画投稿を始める際によく聞くのは、

「動画投稿してみたい!だけど、どんな動画を作ればいいか分からない…」

という悩みです。あるあるですね。

この悩みについて、基本的には自分の得意または好きな分野の動画を
作成するのが良いと思います!

そうは言っても何から手を付ければいいのか…

当然最初は何をすればいいか分からないですよね。

参考にするという意味でも、
どんなジャンルがあり、どんな動画が
人気を集めているのかを知ることは、
自身の選択肢を広げるという意味で
とても大切です。

今回は動画投稿サイトで投稿されている
動画ジャンルを紹介しつつ、動画投稿初心者の方に
おすすめのジャンルをピックアップしていきたいと思います。

動画ジャンルをまとめてみた!

スポンサーリンク

ゲーム実況

難易度:★★☆☆☆

【難易度評価項目】

 ・顔出しの有無
  どちらでもOKです

 ・収録の手間
  慣れれば一本あたり、1~2時間程度で収録できます。
  他ジャンルと比べて、比較的手間はかからないです。
  収録は、キャプチャソフトを使用して行います。

 ・編集の手間
  個人のこだわりによります。
  めちゃめちゃ丁寧に編集をする人もいれば、
  収録した動画を垂れ流すスタイルの人もいます。
  ただし、当コンテンツは動画編集をメインとしたジャンルでは
  ないため、そこまでレベルの高い編集スキルは求められません。

 ・必要なスキル
  TVゲームのハード、収録用のソフト、キャプチャボードに関する知識や、
  動画の編集スキル(カット&ペースト出来る程度の知識は最低限必要)が必要です。

【動画内容】
 
 まずは王道のゲーム実況からご紹介していきます。
 内容としては、TVゲームのプレイ映像を動画として
 投稿するものですね。

 実況のスタイルは主に下記の3パターン。

  ・肉声実況
  ・ゆっくり(機械音声のこと)実況
  ・実況なし(プレイ動画のみ)

 自身の好きなスタイルを選択しましょう。

 ただし、ゆっくり実況の場合は、それ専用の無料ソフトと
 ソフトを扱う知識が必要になってきますので、
 多少難易度が上がります。

 以下、サンプル↓

・肉声実況

 

・ゆっくり実況

・実況なし

【総合評価】

 初心者におすすめ!

 かなりとっつきやすいジャンルです。
 顔出し、声出しを個人の意思で選択できる点と、
 それほど高い編集スキルが要求されないことから、敷居は低い方です。
 ジャンルの賑わい的にも、動画投稿サイトの中ではかなり
 メジャーなジャンルと言えるため、初心者の方にも
 おすすめ出来るジャンルといえるでしょう。
 

アニマル動画

難易度:★☆☆☆☆

【難易度評価項目】

 ・顔出しの有無
  基本的にはなしです。
  基本的にといったのは、動物と人との触れ合いがテーマの
  動画に関しては顔出しもあり得るためです。
  ただ、基本的にはアニマルメインなので、
  顔出しはなしだと思っていただければ問題ないです。

 ・収録の手間
  数十分程度です。
  手軽さなら全動画ジャンルの中でもピカ1です。

 ・編集の手間
  ほぼかかりません。
  投稿されている動画を見ても、
  ほぼ無編集の動画が多い印象です。

 ・必要なスキル
  動画の編集スキル(カット&ペースト出来る程度の知識)は必要です。

【動画内容】

 動物の様子をおさめた動画を投稿するもの。
 可愛さをアピールする内容のものが多いです。
 自身のペットや近所の野良ネコ、または
 動物系カフェに行ったときの様子などを
 投稿していきましょう。

 以下、サンプル↓

【総合評価】

 初心者に超おすすめ!!

 動画に必要なスキルはほぼ無し、お手軽、身近な題材という点から、
 初心者のかたへ、自信をもっておすすめ出来る動画ジャンルと言えます!
 身近に動物がいないと収録できないという問題がありますが、
 ペット等を飼っている方はぜひ投稿してみてください。 

政治・ニュース評論

難易度:★★☆☆☆

【難易度評価項目】

 ・顔出しの有無
  どちらでもOKです

 ・収録の手間
  収録が発生するか否かは投稿者のスタイルによります。
  というのも、政治、ニュースをテーマにした動画は大きく分けて2種類あり、

   A:政治、ニュースの話題について話す動画(顔出しが多い印象)
    ⇒話題について話している様子を収録をする必要あり(1~2時間程度)

   B:政治、ニュースの話題を文字で紹介する動画
    ⇒話題について文字を起こすだけとなるため、収録の必要なし

 ・編集の手間
  個人のこだわりによります。
  文字をスクロールする程度の動画ならば、
  短時間での作業が可能です。
  より多くの演出(シーンチェンジ、エフェクトの使用)を
  いれるのならば、多くの手間がかかってきます。
  ただし、当コンテンツは動画編集をメインとしたジャンルでは
  ないため、そこまでレベルの高い編集スキルは求められません。

 ・必要なスキル
  動画の編集スキル(カット&ペースト、文字を入れる程度の知識は最低限必要)が必要です。
  また、Aのスタイルの場合、ビデオカメラや音声変種ソフトの知識が必要です。
  Bの場合、文字をスクロールする程度の動画ならば動画の編集スキルで事足りますが、
  テキスト読み上げソフトなどを使用する場合は、それに関する知識が必要です。

【動画内容】

 前述しましたが、政治、ニュースをテーマにした動画は大きく分けて2種類。
 以下、サンプル↓

  A:政治、ニュースの話題について話す動画

  B:政治、ニュースの話題を文字で紹介する動画 

【総合評価】

 初心者におすすめ!

 当ジャンルの動画はあくまで政治、ニュースの話題がメインとなってくるので、
 編集の難易度という点では敷居が低い印象です。
 また、動画のスタイルも自身で選べる範囲が広いのと、投稿者の好みで
 紹介する話題をチョイス出来る点から、初心者の方にもおすすめできる
 ジャンルとなっています。

ギャンブル(パチンコ・スロット)

難易度:★★★★☆

【難易度評価項目】

 ・顔出しの有無
  どちらでもOKです

 ・収録の手間
  動画のスタイルによって大きく変動します。

   A:お店で実機を打つ動画
    ⇒お店への撮影交渉、プレイ時間などから、
     少なくとも丸一日はかかります。

   B:家で実機を打つ動画
    ⇒プレイ時間がかかるため、数時間はかかります。

 ・編集の手間
  Aスタイルの場合、番組として作り上げるものが多いため、
  そこそこの編集時間を必要とします(作業をルーチン化
  出来ているならば2~3時間程度)。
  Bスタイルの場合、Aほどの時間は要しません。
  ただ、見どころをピックアップしていく作業は必要ですので、
  1~2時間程度はかかります。

 ・必要なスキル
  パチンコ・スロットに関する知識が必要です。
  また、動画の編集スキルも必要です。
   Aスタイルの場合、テレビの深夜バラエティを作るくらい
   Bスタイルの場合、カット&ペーストが出来るくらい

  さらに、Aの場合は店内で撮影するための機材についての知識や、
  お店と交渉するための交渉術が必要となってきます。

【動画内容】

 前述しましたが、ギャンブル(パチンコ・スロット)をテーマにした動画は
  以下、サンプル↓

   A:お店で実機を打つ動画

   B:家で実機を打つ動画

【総合評価】

 初心者には難しい……
 
 求められるスキルのレベルが高いです。
 動画を収録、編集するまでの知識はもちろん、
 パチンコ・スロットに関する知識を豊富にもっていなければ
 いけません。
 また、パチンコ・スロットとうい遊戯の特性上、ある程度
 試行回数を積まなければ結果が見えてこない部分もあり、
 収録の時間に多くの時間がかかってしまうのもネックです。
 以上のことから、当ジャンルはあまり初心者の方には
 向いていません。

「パチンコ・スロットが大好きだ!」

 そんな強い気持ちがある方以外は別のジャンルで勝負するのが
 いいでしょう。

音楽(~してみた)

難易度:★★★★☆

【難易度評価項目】

 ・顔出しの有無
  あり(演奏系や歌の場合は顔出しがないスタイルもあります)

 ・収録の手間
  半日程度はかかります。
  場所の確保と実際に「~している」様子を撮影する必要があります。

 ・編集の手間
  映像に関しては、あまり手間はかかりません。
  どちらかというと、音声を編集する手間が大きいです。
  音楽ジャンルのため、音声編集の比重は他ジャンルと比べ大きいものとなっています。
  ※「踊ってみた」に関しては、映像・音声ともに編集の手間は
    そこまでかかりません。

 ・必要なスキル
  「~してみた」をするためのスキル(ダンス、歌、楽器演奏等)が必要です。
  編集スキル(主に音声。)が必要です。

【動画内容】
 メジャーなカテゴリは以下の3つ。
 以下、サンプル↓

  A:歌ってみた

  B:演奏してみた

  C:踊ってみた

【総合評価】

 初心者には難しい……

 大前提として、音楽に関する人よりも秀でた特技が必要となってきます。
 また、収録する場所の確保、顔出しも多くあるこのジャンルは
 初心者の方にとっては敷居が高いかもしれません。
 しかし、音楽に関する特技を持っており、自分自身をもっと
 発信していきたい人にとってはぴったりのジャンルです。
 自身の目指すべきものと相談しつつ、当ジャンルにチャレンジするかを
 考えるのが良いでしょう。

VOCALOID

難易度:★★★★☆

【難易度評価項目】

 ・顔出しの有無
  なし

 ・収録の手間
  収録の作業は発生しません

 ・編集の手間
  オリジナル曲と曲のPVの作成が発生します。

 ・必要なスキル
  動画編集スキル(PVを自作するのに必要です)。
  また、オリジナル曲を作る場合は作詞、作曲まわりの
  知識や、ボーカロイド製品の知識が必要となってきます。

【動画内容】
 オリジナル曲をボーカロイドに歌わせる動画。
  以下、サンプル↓

【総合評価】

 初心者には難しい……

 必要となってくる知識が多いです。音楽周りの知識はもちろん、
 ボーカロイド製品に関する知識と、映像に関する知識を用いて
 作っていくことになります。
 しかし、ボーカロイドの作業においては、作成者の顔出しは、
 基本的にはありません。それをメリットと思う人にとっては、
 向いているジャンルかもしれません。
 黙々と自分の作りたいものに取り組みたい方は、
 ぜひチャレンジしてみてください。

商品レビュー

難易度:★★☆☆☆

【難易度評価項目】

 ・顔出しの有無
  どちらでもOKです

 ・収録の手間
  慣れれば一本あたり、1~2時間程度で収録できます。

 ・編集の手間
  レビューをより見やすくするために、動画カット、字幕の入力、
  効果音を付与するなどの編集が必要となります。

 ・必要なスキル
  動画の編集スキル(文字、効果音の付与、カット&ペーストが出来る)が必要です。
  また、顔出しをする場合はビデオカメラを使用するため、
  収録用の機材に対する知識も必要となってきます。

【動画内容】
 珍しいおもちゃや、食べ物をレビューする動画。
 サンプルを貼っておきます。

【総合評価】

 
初心者におすすめ!

 必要な前知識やスキルが少ないことと、自身で
 紹介する対象を選択する余地があることから、
 初心者の方にもとっつきやすいジャンルと言えるでしょう。
 ただし、顔出しについては顔出し無しでも問題はありませんが、
 顔出しありの方が再生数が伸びる傾向にあります。
 そこについては自身のスタイルとあったものを選択して
 取り組んでみると良いのではないでしょうか。

動画素材

難易度:★★★☆☆

【難易度評価項目】

 ・顔出しの有無
  なし

 ・収録の手間
  撮影が必要な動画素材(風景、街並み、人物等)の場合は収録が必要

 ・編集の手間
  エフェクトの動画素材を作る場合は、エフェクトを作成する手間があります。
  撮影した動画素材ならば、簡単な編集(カット作業)が発生します。

 ・必要なスキル
  動画編集スキルが必要です。
  また、収録が必要な動画素材の場合はビデオカメラを使用するため、
  収録用の機材に対する知識も必要となってきます。

【動画内容】
 動画素材をテーマにした動画は大きく分けて2種類。
  以下、サンプル↓

  A:撮影が必要な動画素材

   B:動画編集ソフトで作るエフェクト動画素材

【総合評価】

 初心者でもチャレンジできる!

 Bについては、動画編集ソフトの知識について、
 自身のアイディアでエフェクトを作成できる程度の
 スキルを要求されるため、前知識のない人は取り組むのは
 難しいです。しかし、Aについては、撮影用機材の取り扱いが
 可能であれば動画素材を撮影することが出来ます。
 Aに関しては、動画編集のスキルもそこまで高いものは使用しないので、
 初心者でも十分チャレンジできるでしょう。

ハウツー

難易度:★★★★☆

【難易度評価項目】

 ・顔出しの有無
  どちらでもOKです

 ・収録の手間
  実際に作業をしているところを撮影する必要があります。

 ・編集の手間
  レクチャーが目的のジャンルとなるため、
  視聴者によりわかりやすくするための編集(カット、字幕の追加など)が、
  必要となってきます。

 ・必要なスキル
  動画の編集スキル(文字、カット&ペーストが出来る)が必要です。
  視聴者に教える対象について、知識と技術が必要です。

【動画内容】
 ハウツー動画の種類は様々です。
 サンプルとしていくつか動画を貼っておきます。


【総合評価】
 初心者には難しい……

 前知識として、レクチャーする対象に対して、
 自分が視聴者に教えられる程度の知識と技術が必要です。
 また、動画にする際もいかに視聴者に簡単に伝えるかを考え、
 見やすいかつわかりやすい動画作りをする必要があります。
 いきなり初心者が手を出すのにはハードルが高いカテゴリではありますが、
 こういったハウツー動画は長期間で安定した再生数をたたき出すのに
 向いているというメリットもあります。(時事的な要素に左右されにくいため、
 長いスパンで安定して再生される可能性が高い)
 自身の持っているスキルを伝えていきたい方は、ぜひチャレンジしてみてください。

CG・手書き・実写作品

難易度:★★★★★

【難易度評価項目】

 ・顔出しの有無
  作品によります。(自作映画など、顔出しが必要なパターンがあります)

 ・収録の手間
  作品によります。(実写映像作品だと撮影が必要です)

 ・編集の手間
  映像作品のため、編集の技術がメインとなってきます。
  そのため、ここにかなりの時間がかかるケースも多いです。

 ・必要なスキル
  動画の編集スキルが必要です。
  また、顔出しをする場合はビデオカメラを使用するため、
  収録用の機材に対する知識も必要となってきます。

【動画内容】
 映像作品動画の種類は様々です。
  以下、サンプル↓

【総合評価】
 初心者にはとても難しい

 映像に関する知識全般が必要となってきます。
 また、制作にかかる時間も作品へのこだわりによりますが、
 他の比ではないでしょう。
 学んだ映像の知識をアウトプットしたい、
 自身の作品を作っていきたいと強く思う方以外は
 別のジャンルでチャレンジしていった方が無難かと思います。

ネタ

難易度:★★★☆☆

【難易度評価項目】

 ・顔出しの有無
  どちらでもOKです

 ・収録の手間
  作品によります。(実写映像作品だと撮影が必要です)

 ・編集の手間
  カテゴリとしては「笑い」を目的とした動画になってくるため、
  字幕、効果音、カットのテンポなどの編集が必要となってきます。

 ・必要なスキル
  動画の編集スキル(文字、効果音の付与、カット&ペーストが出来る)が必要です。
  また、顔出しをする場合はビデオカメラを使用するため、
  収録用の機材に対する知識も必要となってきます。

【動画内容】
 ネタ動画の種類は様々です。
  以下、サンプル↓

【総合評価】
 初心者でもチャレンジできる!

 編集スキルはある程度必要となってくるものの、
 初心者でもアイディア次第でチャレンジできるジャンルと
 いえるでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。
今回は投稿動画のジャンルについてご紹介しました。
初心者におすすめのジャンルを下記に記載します。

【初心者におすすめするジャンル】
  ・ゲーム実況
  ・アニマル動画
  ・政治、ニュース評論
  ・商品レビュー
  ・動画素材
  ・ネタ

最初はあまり編集の手間が少ないジャンルから攻めていき、
なれて来たらもっと凝ったものにチャレンジしていく流れが
おすすめです。
ぜひとも自分がチャレンジしたいジャンルを見つけて、
動画投稿を楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

▼しょみんのツイッターをフォローする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です