ゲーム実況で稼ぐのは難しい!?5カ月間、ゲーム実況をしてきた結果を伝えます

スポンサーリンク

 
こんにちは、しょみんです。

ブログでの活動もかなり久しぶりです。ブログをやっていない間、何をしていたかといいますと、動画作成やゲーム実況での活動をメインに行っていました。
 
というわけで!今回は、この5ヵ月取り組んできた動画作成及びゲーム実況について、結果のご報告と今後の活動について整理していこうと思います。まだまだ発展途上な動画投稿者の方や、これから動画投稿を始めたいと思っている方は、参考にできる部分もあると思いますのでぜひご覧下さい。

結果は?

まずは結果からお伝えしていきます。

動画投稿数

動画の投稿数については、以下の通りです。
 
【Youtube】
 ● 編集動画投稿数
  16本
 ● 生放送
  2本
 
【OPENREC】
 ● 編集動画投稿数
  11本
 ● 生放送
  37本

 ※ニコニコ動画にも動画を投稿していますが、活動途中でアカウントを切り替えたりと、動画数のカウントが難しいため省略します。
 
複数のサイトで、UPしている動画が重複しているものもあります。作成した動画数ですと、66本でした。5カ月で66本なので、大体2~3日に1本、動画を作成していたことになりますね。

再生数

再生数はどうでしょうか。まとめてみます。
 
【Youtube】
 ●再生数:354 ( 動画投稿数:18本 ※ゲーム実況以外の再生数は省いています)
 
【OPENREC】
 ●再生数:3350( 動画投稿数:48本)
 
OPENRECの再生数は、ほぼ生放送による再生数ですね。サイトの特色上(ゲーム生放送を主軸にしたサイト)、編集した動画はあまり伸びない傾向があります。Youtubeでは生放送の活動はあまり行わず、編集動画の割合を多めに投稿していました。

収入

では、一番気になる収益は? 答えは、
 
なし(0円)
 
です。放送用の機材の購入やゲームソフトの購入をしたので、むしろマイナスですね。
 

 

では、以下の投稿サイトについて、収益化制度の概要について、ざっと説明していきます。

 
Youtube

Youtubeといえば、広告収入ですよね。こちらの収益化制度、現行制度(2018年2月1日時点)ですと、運営しているチャンネルの総再生数が10,000回を超えないと広告が貼れない決まりとなっています。私のYoutubeチャンネルは、354回です。はい、全然たりませんね。従って、収入はありません。
※補足
 Youtubeの収益化制度は、2018年2月20日から改正となります。条件は現行よりも厳しくなります。以下条件。
  ・過去12ヶ月間の、チャンネルの総再生時間が4,000時間以上
  ・チャンネル登録者数が1,000人以上(ちなみに私のチャンネル登録者数は7人です……|д゚) )

OPENREC

OPENRECはゲーム実況中心の比較的新しいサイトです。収益化制度としては、いわゆる投げ銭システムが存在します。

●投げ銭システムとは?
 路上パフォーマンスで観客がパフォーマにお金を投げ入れますよね。それをイメージしていただければOKです。OPENRECでは、生放送に視聴者から「エール」といった投げ銭をもらうことが出来ます。そのエールの額によって、ゲーム実況者にお金が入ります。
 
私の場合、まだそのエールをいただいたことはないので、収益は0となっています。

具体的にどんな動画を投稿してたの?

では、作成した動画をいくつかピックアップしてご紹介していきます。
 
 
①DBDシリーズ

タイトル:【dead by daylight】結月ゆかりのフルボッコDBD【VOICEROID実況プレイ】
 

 

 
②PCで出来る何か面白そうなゲームをひたすらやるシリーズ
 
タイトル:バグだらけRPGやったら、おばあちゃんだらけだった
 


 
  
タイトル:武器は「海」!?はたまた「変態おやじ」!?何でも武器になるRPGをゆっくり実況プレイ!!
 


 
 
③クソゲー実況
 クソゲーをひたすらやるシリーズ

タイトル:くそノベルゲーやったら、開始5分で衝撃の結末!?【ゆっくり実況】
 


  
また、生放送に関しては下記にて行っていました。
 
④生放送系(現在未更新)
OPENREC-しょみんのマイページ
 
動画の編集時間はシリーズによって差がありますが1本あたり大体10時間程度かかっています。

※Youtube、ニコニコへのリンクはこちらからどうぞ。
 
—–↓↓チャンネルリンクはこちらから↓↓—–

【Youtubeチャンネル】
しょみんのYoutubeチャンネル
 
【ニコニコ動画】
しょみんのニコニコマイページ

—–↑↑チャンネルリンクはこちらから↑↑—–

何でゲーム実況始めたの?

スポンサーリンク

 そもそも私がゲーム実況を始めた目的について、改めて整理していきたいと思います。私がゲーム実況を始めた理由、それは以下の2点の理由です。
 
①自身の動画編集における技量を示すため、自身の作品を作りたかった
②ブログのネタにしたかった
 
私はブログで動画情報を発信していますが、私自身の動画編集レベルが表に見ないと、記事の内容に説得力が出ませんよね。自身の力を見せるための指標値として、自分で動画を作っていきたかったというのが一つの理由です。
 
もう一つの理由は、単純にブログのネタにしたかったからです。ゲーム実況は、ここ数年で伸びてきたジャンルなので、動画の中でもそこの情報は求められる可能性が高いと踏んで、自身も取り組もうと思った次第です。

まとめ

では最後に情報をまとめておきます。

情報まとめ

 
活動期間 :5カ月
動画投稿数:66本
再生数  :Youtube_354回 OPENREC_3350回
収入   :0円(むしろ準備金分マイナス)
 
投稿した動画については、上記に載せた動画リンク、もっと詳細に知りたい方は以下リンクからご参照ください。
 
【Youtubeチャンネル】
しょみんのYoutubeチャンネル
 
【ニコニコ動画】
しょみんのニコニコマイページ
 
※ボイスロイド・ゆっくり実況以外の動画は上記とは別のチャンネルに移行しております。

今後の活動方針

5カ月続けてきたゲーム実況ですが、収入は0です(むしろマイナス)。まあ、でも正直やっていてめっちゃ楽しいです!(笑)
 
そもそも、私がゲーム活動を始めた目的は、あくまでブログのネタ集めと動画を作っていきたいから。
 
なので、たとえ収益がなくても、後もゲーム実況は続けていきます。ただ、かける時間の比重はもう少し調整していきます。ブログ5割の動画作成5割程度で活動していこうと考えています。
 
まあ、なんだかんだゲームをするのは楽しいし、生放送で色々な方とお話しするのも楽しいので、当分は続けていこうと思っています。興味のある方は、ぜひ生放送(OPENREC)などに遊びに来てください。(※現在は生放送は実施しておりません)動画投稿の状況はツイッターで周知しておりますので、そちらをご参照ください。(↓ページ下部にフォローボタンあります)

終わりに

今回は、この5カ月間の活動状況についてご報告しました。

ゲーム実況にある方は、どの程度の期間、どの程度の作品を、どの程度投稿すれば、どの程度の結果が得られるか、なんとなく掴めたでしょうか。

皆さんの動画投稿活動、ゲーム実況活動の参考になればとても嬉しいです。

 

追記

■2019年6月12日 追記

私みたいなコネなし、経験無し、『ド』がつくほどのゲーム実況者チャンネル登録者数300人を突破することが出来ました。

▼その時の記事はこちらからどうぞ

【チャンネル登録者】 300人突破!登録者増やしたいなら再生数は気にしちゃダメ!!

2019年5月12日

また、『YouTube活動日記』では、1年ほどゲーム実況活動をしてもチャンネル登録者がほぼ『0』だった私が、わずか数ヶ月でチャンネル改善に成功した秘密無料で公開しています。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

追加情報

■2019年7月9日 追記

現在、私は肉声の実況ではなく、ボイスロイドでの実況を投稿するようになりました。

今後、肉声の実況を再開する目処はありませんが、今から肉声でのゲーム実況を実施するのであれば、ゲーム配信を中心に活動すると思います。

配信のメリットとしては、

配信のメリット
・マネタイズの幅が広がる(投銭など)
・配信内容を2次利用出来る(配信で面白い箇所を抜粋、編集して投稿)
・視聴者のエンゲージメントを稼ぎやすい(視聴者とリアルタイムでのやり取りが可能)
・スマホだけでも実施可能(配信アプリを使って手軽に実況可能)

など時間的効率が高いことが上げられます。

私としては、肉声の一番の強みはゲーム配信が容易であることだと思ってるくらいです。以下に代表的な配信プラットフォームを共有します。

配信プラットフォーム

YouTube
ニコニコ動画
OPENREC
Twitch

スマホの場合、配信アプリを活用することになります。

配信アプリは種類が様々ですが、私は『Mirrativ(ミラティブ)』を強くオススメします。

▼ミラティブ

Mirrativ(ミラティブ)−スマホで簡単!人気ゲーム実況
Mirrativ(ミラティブ)−スマホで簡単!人気ゲーム実況
開発元:Mirrativ, Inc.
無料
posted withアプリーチ

使い勝手良いのはもちろん、エモモといったアバターを使用してVtuber的なことも実施出来ます。

無料で使用できますので、とりあえずゲーム実況の入り口として試してみてはいかがでしょうか。

Mirrativ(ミラティブ)を活用した稼ぎ方を真面目に検討した記事もありますので、ぜひ参考にしてください。

配信アプリ『Mirrativ(ミラティブ)』で稼ぐための方法を現役WEBマーケッターがガチで考えてみた。

2019年8月13日

ご紹介は以上になります。配信については無料で試せるプラットフォームやアプリが多くありますので、ぜひ自身に合ったものを見つけてくださいね。

 

【関連記事】:Youtube(ユーチューブ)のチャンネル登録者数が4倍に!?意識すべき3つの要素をご紹介します。

 

▼ゲーム実況関連の記事はこちらから

ボイスロイド(VOICEROID)って知ってます?ゲーム実況にも使える「ボイスロイド」について徹底解説します!
クリック率『10%』のYouTubeサムネをすぐ作る「4つのテクニック」
ゲーム実況の『ネタ』探しにお困りの人へ!<<実例>>から分かる『見られるゲーム』とは?

スポンサーリンク

▼しょみんのツイッターをフォローする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です