仕事から帰宅したら、扉の前でGがスタンバイしてた

こんにちは、しょみんです。

昨日仕事から帰ったら、
俺のアパートの部屋の前で黒い物体が
佇んでいた。

ぴくぴく動く長い触覚。
産毛をもさもさと漂わせながら
じっとこちらの動向をうかがうのは
黒光りのなにがし。

俺の地元では、
「チョコレートランニング」
「黒の弾丸」という2つ名が与えられている
3億5000年前から存続し続けている化け物だ。

何故ここにいる。

焦った。俺はひたすらに焦った。

そして何故動かぬ。

早く扉の前をどけ。開けられないではないか。

そっと足の先を近づけてみる。

距離にして10cmほどだろうか。
革靴のとんがりなつま先を
接近させるも、なにがしは動かない。

振動だ。振動を与えて、びっくりさせて
こいつをここから移動させよう。

床を足の底で叩いてみる。

何でうごかねえんだよ。

しかし俺はここで考える。

このなにがしは頑なに動こうとしない。

ということは、素早く部屋に入っちゃえば
問題ないのではないか。

いける。

俺は確信した。

なんでやねん

俺はその日G退治のために徹夜した。

▼しょみんのツイッターをフォローする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です